“医学の父”ヒポクラテスは歩く事で体液循環が改善され健康になれると考えました。

勘違いしてはいけないのは、歩く歩数や時間ではないという事です。

正常な歩き方に改善していくことで、短い時間歩くだけで体液循環が改善され健康につながっていきます。

しかし正しい歩き方を覚えるには、呼吸の仕方(体の使い方)から見直す必要があります。

体の使い方を変えて行くだけで理想的な姿勢に近づき、体の力が抜け自然体で生活出来るようになります。

このことは、師匠からの教え、患者さんを20年間施術させていただいた経験と、私自身の体(姿勢改善体験)を通じてようやくわかりかけてきました。

その体験から、姿勢が正常になっていく素晴らしい体の仕組みをお話します。

正常姿勢になる仕組みの一つは正しい呼吸です。

呼吸をすることで背骨が伸び縮みする“呼吸と背骨”の関係がわかってきました。

息を吸った時わずかですが背骨全体が縮みます。息を吐いた時は逆に背骨全体が伸びます。

以前の私は常に胸を張った姿勢でしたので背骨をいつも縮めて生活していたのです。

従来の姿勢を息を吐き力を抜いた姿勢に変えるだけで疲れにくくなり、慢性腰痛・座骨神経痛・慢性頚痛・上肢の痺れから解放されました。

このことで正しいと信じていた幼少期からの姿勢が違っていたこと、姿勢は変えられると確信することが出来ました。

ではなぜ50年以上も姿勢の間違えに気づけなかったのでしょう、幼少期から教えられ頭の中で思い描いている“理想姿勢が胸を張った姿勢”だと勘違いしていたからです。

さらに体形は変えることが出来ないからせめて筋肉で補おうと考えていたからです。

胸を張った状態だと空気の取り込みが悪く、内蔵まで圧迫されているとは全くわかりませんでした。筋肉をつけようとしたことでさらに症状を悪化させてきました。

「はい、胸を張って!!気をつけ(直立不動)」この姿勢教育が事態が体をゆがめてしまう原因だったのです。ようやく56歳になってわかり、呼吸を変えるだけ体の機能が正常になる仕組みも理解出来ました。

同時に、2019年6月から体の自然治癒力を取り戻す事の出来る師匠直伝のオステオパシーテックニックを基礎から初心に返り見直してみました。

5ヶ月が経ち私自身体の使い方がさらに理解出来、呼吸することでの体の動きが骨盤はもちろん足底のスプリング靱帯まで関係していることがさらにわかってきました、正常な体の動きをしていれば本来人間に備わっている自然治癒力も取り戻せる事が自覚でき、施術を通して重力に対抗できる(背骨の椎間板が延び縮みする仕組みを応用する施術習得により)最適な姿勢改善が可能になり、症例の患者さんも最近の施術レベルの向上で正常姿勢に案内できるようになりました。

上記症例7名は長年通院されている患者さん方です。

長年目指していました正常重力ライン方向に向けて姿勢改善が9月に入り、数回の施術だけで簡単に案内出来てきました。上記記症例(右側の写真)

正常だと思われています一般的な姿勢(左側の写真)は只反っていて重力に拮抗して身体が緊張していることが確認できますか?

患者の皆さんからも「以前より生活も快適になった!!」と言っていただいております。

(重力に対抗出来る姿勢変化が可能に・・・・施術経過は症例でご確認ください。)

尚、症例11.患者さんは2019年7月13日以降遠方のため施術していませんが次回来館時更新掲載予定です。

2019年10月1日

従来の施術とオステ施術の変化

あなたの姿勢は正常ですか?

従来施術での限界とオステ施術での姿勢の変化を確認して下さい。

症例1 韮崎市85歳女性 5年後の姿勢の変化(めまい・腰痛他)
オステ最前線症例7.で下肢施術変化掲載中

症例2 大月市女性67歳から2年4ヶ月後の姿勢の変化
(側湾症)

症例3 甲府市在住62歳女性(頚痛・慢性腰痛他)
オステ最前線症例 2.下肢施術変化掲載中

症例4 神奈川県在住48歳女性2年間の姿勢の変化
(頚痛・背痛・腰痛他)
オステ最前線症例7.で下肢施術変化掲載中

症例5 甲府市在住51歳女性6年間の姿勢の変化(頚痛・背痛・腰痛他)
最近の数回の施術で自信を持って掲載出来る姿勢に。

症例6東京都世田谷区在住 ご夫妻の施術変化
ご主人68歳 右膝痛で来館  奥さん65歳 脊柱管狭窄症状
オステ最前線症例10.で下肢施術姿勢変化掲載中

症例7 韮崎市 49歳 女性 側わん症施術
オステ最前線症例6.で下肢施術変化掲載中

症例8 石和町在住 小学1年生(症例2-8で掲載中
オステ施術の技術の向上で理想的な姿勢に変化してきています。

症例9 神奈川県48歳男性 1年6ヶ月後の姿勢の変化
    (10年前からの交通事故後遺症)

症例10 市川三郷町在住64歳女性

平成8年から20年間、椎間板ヘルニアと診断され悩んでいた患者さんです。
従来の施術では出来なかった姿勢改善が新施術で可能になり、症状の軽減につながりました。

症例11 韮崎市男性42歳から2年半後の姿勢の変化
    (背痛・腰痛・右膝痛他・右股関節幼児期矯正)

※2019年3月九州へ転勤のため下腿オステ以降の施術はしていません。
次回来館時、レベルアップしたオステ施術でどんな姿勢に改善出来るか楽しみです。


熊本から4ヶ月ぶりに来館してくれました





診療案内

●初診料 …2,000円
●施術料(一般) …4,000円
●施術料(高校生以下) …3,000円
●交通事故  

アクセス

〒407-0004
山梨県韮崎市藤井町南下條130-2
(オギノ韮崎店東隣)

●「JR韮崎駅」より車で5分
●中央自動車道「韮崎インター」より車で1分